天体観測

惑星

CMOSカメラで木星撮影

秋晴れの日が続くようになってきたので、先週久しぶりに天体観測へ。 今回は、今の星空でとりわけ明るい木星です。 CMOSカメラでの惑星を撮影する際は、動画を撮って鮮明なフレームだけを抽出し、専用ソフトで重ねて加工する、 ...
天体観測

ペルセウス座流星群が極大に ペルセウスが倒した怪物って…

毎年安定して流れ星が見られる3大流星群の1つである、 ペルセウス座流星群があす13日の明け方にピークを迎えるようです。 今夜は雲が多い天気となるので、流星群を眺めるのはちょっと厳しそうですが、 去年は...
星雲

CMOSカメラで夏の天体撮影【M8、M20、M27】

梅雨明け直後にCMOSカメラ(ASI385)で撮影していた写真をようやく加工できました。 去年は夏の天体をほとんど撮影できなかったので、撮りたかったものから。 真夏に見たい星雲はいて座に2つ。 まずは、M8(いて...
惑星

土星と火星が大接近!

しばらく観測機会に恵まれなかったのですが、惑星同士の接近のタイミングで久しぶりに天体観測へ。 3月以降は明け方の空に惑星が集結していて、惑星同士が次々とペアを変えて接近する様子が見られています。 今日の夜明け前の空の様...
星雲

かに星雲は超新星爆発のなごり

別のページで紹介したおうし座のかに星雲ですが、この天体はかつて超新星が爆発した名残でもあります。 また、超新星爆発したのはおよそ千年も昔のことなのですが、藤原定家が記した『明月記』の中でその様子が記されています。...
星雲

おうし座・かに星雲(2022年2月)

冬の星座が西に沈む前に、メシエ番号でトップに登録されている星雲を撮影してきました。 おうし座・かに星雲(M1) ISO3200 180秒×10枚 ステライメージ9で調整・トリミング 筋のような広がり(フィラメント...
星雲

いっかくじゅう座・ばら星雲(2022年2月)

先週の晴れた日に、ようやく今年初めての天体観測へ。 以前ばら星雲を撮影した際は焦点距離が760ミリの長めの鏡筒を使用し、画面いっぱいになったので、今回は焦点距離を短くしての再チャレンジです。 この日は風が少...
天体観測

天体観測前にチェックしたい気象状況

天体観測をする際に重要なのは、もちろん当日夜の天気です。 快晴で安定した天気のときに観測したいので、そのためにどんな情報を吟味しているのか、よく見ているウェブサイトを紹介したいと思います。 気象庁 気象庁のウェブ...
天体観測

Jackeryのポータブル電源を購入!

赤道儀用の電源としてMeltecのバッテリーを使っていたのですが、購入から1年半が経って容量が低下…。 内部バッテリーを交換するタイミングが近づいてきました。 「数年ごとに交換するの面倒だな…」 「でもリチウムイ...
彗星

レナード彗星をFL55SSで再撮

レナード彗星が増光しつつも高度を下げて太陽に近づきつつあるので、9日早朝に再び撮影へ。 午前3時に起床、4時に観測地着、4時半ごろになるとほどほどの高さまで上がってきたので、撮影を開始。 前回の撮影では焦点距離が112...
タイトルとURLをコピーしました